本文へスキップ

四百余年の時を刻む江戸城築城石石丁場跡。石工達の息吹を感じて下さい!

メールでのお問い合せはinfo@edojyo.tokyo


● 2020年3月8日更新 ●
ナコウ山・洞ノ入石丁場群の入り口、砂防ダムを越えてそのまま直進するコースはナコウ山山頂に続いています。
案内板によるとナコウ山山頂まで約1時間45分の距離。
涸沢谷筋に集中する「田紋」の刻印石を見ながら案内に従ってナコウ山山頂方向に・・。
運動不足の筆者にとってナコウ山山頂までの斜面は、もはや拷問。
息も絶え絶えで辿り着いた山頂付近には、国の史跡に相応しい風景が拡がっていたのです。



















● 2020年1月26日更新 ●

平成28年、国の史跡として認定された宇佐美石丁場群。
その中でも洞ノ入石丁場は、伊豆地区に多数点在する石丁場の中でも見応えのある石丁場です。
複数の刻印石や刻印石が集中する石丁場など感動、驚愕が連続します
一部、足場が非常に悪い箇所や落石危険箇所のため、立ち入り禁止箇所があります。
石丁場探索の際、立ち入り禁止箇所には侵入せず、丁場内を荒らさず、
刻印には直接素手で触ったり、石材の上に乗ったりしない様に!
ゴミは必ず持ち帰って下さい。←最近、丁場内のポイ捨てゴミが目立つのです。

















● 2016年4月29日更新(2016年4月27日探索) ●
「羽柴越中守石場」の刻字を求めて伊東市宇佐美ナコウ山に足を運びました。
東伊豆町内の石丁場の殆どはクルマを利用して、石丁場の至近距離まで行けるため、
トライするナコウ山も同様だろうと、愛車を走らせるも連なる山々にクルマの駐車スペースさえ探し出せず・・。
お散歩中のご婦人に「あの〜、この辺にナコウ山ってありませんか?」と訪ねたところ、
ご親切に遊歩道入口までご案内頂きました。
感謝、感謝です。
お名前も聞かず山中に入ってしまいましたが、石丁場についてご存じでしたので、
小生が制作した稲取・本林石丁場のパンフレットを手渡し、HPの案内をさせていただきました。
このHPをご覧頂いておりましたら、是非メール(edojyo@chikujohseki.com)いただけますでしょうか?

さて、今回のナコウ山トライ。
ナコウ山山頂を目指すルートは東浦路を北進、山頂を経由して網代に抜ける白波台コース。
どうやらナコウ山石丁場、最大の見所「洞ノ入」を外してしまったばかりで無く、
ナコウ山山頂目前で右手に見える丘陵をナコウ山山頂と思い込み歩を進めたところ、
クルマを駐車した入り口方向がわからなくなるというアクシデント。
約三時間、山中を彷徨う羽目となりました。慣れない山は怖い!








調査・企画・編集・写真・制作
すぎもとみつのり
〒413-0303
静岡県賀茂郡東伊豆町片瀬402-1
ルシーヌ南熱川103

sugimoto@izu-joho.info

※本サイト参考による石丁場探索によって被る傷害について一切の責任は負いません。
石丁場探索は自己責任、自己管理の下で行動願います。

copyright©2015-2020 江戸城築城石石丁場之覚 all rights reserved.